暗記 方法

ICレコーダーを使用した暗記方法とは!暗記科目は遊び感覚で!

受験、特に中学受験において、暗記科目は大切です。
なぜなら、まだ11、2歳の子供たちが、知っているか知らないか、覚えているかそうでないか、という単純なことで、テストの成績が大幅に変わってくることがあるからです。
どうせ暗記するなら、親子で楽しくしたいですよね!

 

ただでさえ塾では机にかじりついて勉強させられます。
お家で、しかも家族の方と一緒に楽しく暗記する時間がとれたら、少しでも受験生の負担を少なくしてあげられると思います。

 

そのための、おすすめの方法の一つとして、ICレコーダーを利用した暗記方法を提案します。
ICレコーダーは量販店やインターネットでも簡単に手に入れることができます。

 

子供の勉強用として購入してあげると、子供も何か特別な自分専用の勉強のツールを与えてもらったようなわくわく感を感じられるのではないでしょうか。
使用方法としましては、親が事前に一問一答集など暗記したい問題集を見ながら、質問事項を吹き込んでおきます。

 

そして子供が答える時間を少し取ってから、答えを吹きこみます。
これを隙間時間などに、子供と一緒にクイズ感覚で楽しみながら行います。

 

慣れてくると、子供が自ら問題を吹き込んだりするかもしれません。
このようにICレコーダーを使って楽しみながら、勉強するということは、勉強の定着率もよくなると思いますし、親子のコミュニケーションもとれて一石二鳥になるのではないでしょうか?